日本で人気のカードゲーム3種

カードゲームはいつでも楽しく遊べるものです。友達と気軽に遊ぶこともできますし、地域のイベントで競い合って遊ぶこともできます。以下のカードゲームは、日本で最も人気のあるカードゲームです。他の国でも人気があるものもありますが、「日出ずる国」ほどではありません。

ポーカー

ポーカーはギャンブルとして世界中で知られていますが、友人や家族と楽しむカジュアルなゲームとしても人気があります。ポーカーには様々なバージョンがあり、そのテーブルで合意された内容によって進行が異なります。共通しているのは、5枚のカードの組み合わせで勝敗を決めるということです。

テキサスホールデムは、各プレイヤーが2枚のホールカードを持っており、全員がコミュニティボードを共有するものです。もう一つのポーカーは5カードスタッドで、各プレイヤーに5枚のカードが配られ、それが手札となります。プレイヤーは3枚までカードを捨てることができ、代わりに別の3枚を引くことができます。このアクションは「マリガン」と呼ばれ、1ラウンドに1回だけ行うことができます。ポーカーやこのリストにある他のゲームの詳しい遊び方は、七福神.comをご覧ください。

ポーカーは、ポットの中の賭け金で決まるゲームです。勝者がすべてを手にし、他の全員が降参するか、資金を失うまでゲームは終わりません。しかし、日本では賭け金を使ったギャンブルは好まれないので、お金の代わりになるものがカジュアルな場でよく使われる。

花札

花札(またはこいこい)は、2~6人のプレイヤーによるターン制のカードゲームです。テーブルまたはボードにランダムにカードが配置され、全員が7枚の手札を持ってスタートします。手札の中に遊べるカードがない場合、誰でも山札から1枚引くことができます。ただし、そのカードもプレイ不可能な場合はボードに置かなければなりません。

花札は絵合わせゲームです。テーブルの上のカードはすべて、横長の絵の一部です。プレイヤーは交互に手札の1枚と盤上の1枚が一致するものを探します。マッチが見つかったら、プレイヤーはそれらを捕獲し、ペアまたはセットを自分の側に持ってくることができます。

花札のカードは、どのような組み合わせでもよい特別な絵柄を除いて、すべて1組のカードに属します。5枚で1組のカードを作ることに成功したプレイヤーには、そのカードの合計と同じ点数が与えられ、最も高い点数を獲得したプレイヤーが勝者となります。最後のプレイヤーがセットを作ることに成功したら、ゲームは正式に終了します。

市販のカードゲーム

日本は、カードゲームの収集に最も熱心な国として非常に人気があります。コナミの「遊戯王」と「カードファイト」という世界的に人気のあるカードゲームの2つのタイトルの本拠地でもあります。「ヴァンガード」(ブシロード)がある。また、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の「マジック:ザ・ギャザリング(MTG)」など、海外のカードゲームの愛好家でもある。

他の2つに比べ、これらのカードゲームはプレイヤーが自分のデッキを構築することになります。欲しいカードはブースターパックから入手したり、お店で拡張デッキを買ったりして入手します。これらのゲームをプレイする人は、他のプレイヤーが欲しいカードを見つけるのを有料で手伝うという個人事業を営んでいることが多いようです。

日本のホビーショップでは、カードゲームの公式トーナメントを開催しているところがたくさんあります。その多くは、メジャーリーグを主催する団体に公認されています。地域のイベントで上位に入賞すると、その国のメジャーリーグに参加できるポイントがもらえます。

これらのゲームは、それぞれ独自のルールと構造の流れに沿っています。七福神.comではMTGについて、カードファイト!!ではMTGについて詳しく説明しています。「ヴァンガード」や「遊戯王」には、ゲームのルールを学ぶためのアニメシリーズがあります。

https://drive.google.com/file/d/1fkl0ggOdiENPGV57c6bW80btvmsUC6-B/view?usp=sharing

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me