2022年におすすめのスマホを価格別で紹介!

新機種購入や乗り換えをしたいが、種類が多すぎてどのスマホが自分の利用用途に合ているのかわからない!!!という方がきっと少なくないはずです。スマホ選びをする際に一番気になるのがお値段です。ということで、本記事では2022年現在で最新のおすすめAndroidスマホを価格帯別に分けて紹介していきます!

予算3万円以内のおすすめスマホ:Redmi Note 10 JE

コスパの高いスマホを続々とリリースし、格安スマホメーカーとして有名なシャオミですが、28,765円~とお手頃な値段の「xiaomi Redmi Note 10 JE」が、2021年8月13日に発売されました。「JE」とは、「Japan Edition」の意味で「Redmi Note 10 JE」は日本専用、5G対応のエントリーモデルです。エントリーということもあり、電話やメッセージ、基本アプリの操作では不便に感じることはありませんが、長く使っているとカクカクした反応になったりすることもあります。画面サイズは6.5インチの大型で動画も観やすく、さらにバッテリー持ちが非常に良く、使い方によっては2〜3日も保ちます。

SoC Snapdragon 480 Qualcomm SM4350
内蔵メモリ RAM:4GB

ROM:64GB

サイズと重さ 163×76×9mm、200g
画面サイズ 6.5インチ
ディスプレイ 2400×1080(FHD+)IPS LCD
カメラ性能 アウトカメラ:4800万画素+200万画素+ 200万画素

インカメラ:800万画像

主な機能 5G対応、防水、おサイフケータイ、ハイレゾ
バッテリー性能 4800mAh

予算3万円~8万円以内のおすすめスマホ:Xperia 10 Ⅲ

2021年6月18日発売のソニー「Xperia 10 Ⅲ」は、5G対応のミドルレンジスマホです。値段は51,480円~。このモデルの注目すべき点は、5Gのクオリティを活かすためにパワーアップしたバッテリーで、4500mAhというXperia史上最大容量の「長寿命バッテリー」を採用しています。小さなボディは片手でもスムーズに操作ができ、ストレスになりにくいサイズ感です。さらに、有機ELを使用するノッチのない平面ディスプレイです。またカメラ機能では、「ペット」という機能があり、ペットの動きを自動で認識し調整してくれる機能なので、かわいい瞬間を逃しません。

SoC Snapdragon 690 Qualcomm SM6350
内蔵メモリ RAM:6GB

ROM:128GB

サイズと重さ 154×68×8.3mm、169g
画面サイズ 6.0インチ
ディスプレイ 2400×1080(FHD+)OLED

有機EL トリルミナス®ディスプレイfor mobile(HD対応)/FHD+

カメラ性能 アウトカメラ:1200万画素+800万画素+ 800万画素

インカメラ:800万画像

主な機能 5G対応、おサイフケータイ、防水、FMラジオ、ハイレゾ
バッテリー性能 4500mAh

予算8万円以上のおすすめスマホ:Galaxy S21 5G

世界で人気の高いスマホメーカーのひとつサムスンの「Galaxy S21 5G」は、2021年4月22日に99,792円~という値段で発売が開始されました。「Galaxy S21 5G」の最大の特徴は、画像と動画の撮影や再生のクオリティを高め、8K動画(4K動画の4倍の解像度)の撮影ができるようになったことです。ハイエンドとして安定感を兼ね備えたサムスン スマホの定番モデルで、高画質動画の視聴をする方におすすめなモデルです。

SoC Snapdragon 888 Qualcomm SM8350
内蔵メモリ RAM:8GB
ROM:256GB
サイズと重さ 152×71×7.9mm、171g
画面サイズ 6.2インチ
ディスプレイ 2400×1080(FHD+)Dynamic AMOLED
カメラ性能 アウトカメラ:6400万画素+1200万画素+ 1200万画素

インカメラ:1000万画像

主な機能 5G対応、8K動画撮影、おサイフケータイ、防水、ハイレゾ、ワイヤレス充電
バッテリー性能 4000mAh

最後に

購入してから後悔しないためにも、どれくらい利用するのか、どんな機能が自分には必要なのか、いくらぐらいまでスマホに使ってもいいか、などをしっかり考えて、それに見合ったスマホを選ぶようにしましょう!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me