ポケモンスリープは何から始めればいい?課金はすべき?無課金でも大丈夫?

皆さんは最近よく眠れていますか?ゲームをやっていて気づいたら朝だった、映画を見始めて気づいたら徹夜していたなど、時間を忘れてしまうことってありますよね。しかし人間は一日の3分の1は睡眠した方がいいとされています。そんな皆さんの睡眠を管理するためにも役立つアプリ「ポケモンスリープ」について今回は紹介していきます。

新感覚のゲーム

8時間の睡眠が推奨されていますが、実際に8時間以上の睡眠を取れている方は少数だと思います。しかし、8時間は寝られずとも質の良い睡眠が取れるのかどうかが重要ですよね。そして生粋のゲーマーなら誰しも考えるであろう「寝ている間もゲームできれば最高では?」そんなふたつを組み合わせたゲーム、それが「ポケモンスリープ」です。

ポケモンスリープとは

「睡眠」と「ゲーム」を組み合わせた新感覚のゲーム。寝ているだけでゲームを進めることができるため、ゲームを進めるためには寝ることが必要になるというパラドックスのようなタイトルです。そのおかげで寝ることを重視する人が増えたのも事実です。本作は、他の睡眠記録アプリ同様に、携帯をベッドサイドに置き、寝返りやいびきなどを、振動や音により記憶していきます。そしてプレイヤーの眠りの深さによって、フィールド上に登場するポケモンが異なるという仕様になっています。

ポケモンたちの寝顔を集めていくので、ぐっすり眠ることができれば、いい寝顔をしたポケモンを図鑑に載せることができますが、もしも一晩中落ち着きがなければ、疲れきったピカチュウと出会えるかもしれません。最終的には図鑑をポケモンの寝顔で埋めていきます。

ストーリー

ちなみにポケモンスリープにはしっかりとしたストーリーが存在します。本作は、世界のどこかにある小さな島を舞台に、ポケモンの睡眠生体の研究を進めていくというもの。カビゴンを中心に展開されていき、プレイヤーの睡眠によってスコアがつけられ、そのスコアとカビゴンの「カビゴンエナジー」が掛け合わされて点数が記入されます。

何から始めればいい?

チュートリアル後に、初心者の方がまず初めにすべきことを紹介していきます。

ねむけパワーを上げる

まずは、ねむけパワーを上げていきます。ねむけパワーをあげることで、起きた際にフィールドに登場するポケモンの数が増えます。寝顔図鑑を埋めていくことが目標なので、多くのポケモンが訪れれば多くの寝顔が手に入ります。また、出会えるポケモンも増えるため、新たなポケモンと出会えるかもしれません。

カビゴンエナジーを上げる

カビゴンエナジーを上げればねむけパワーも大きくなり、多くのポケモンが訪れます。そしてこのエナジーをあげることでカビゴンからの評価も上がり、さらに訪れるポケモンが増えます。エナジーを上げる方法としては、ポケモンの持ってくる木の実をカビゴンにあげたり、同じくポケモンの持ってくる食材から作った料理をカビゴンに一日MAX3回与えるなど、カビゴンの世話をすればするほど良くなっていきます。

睡眠スコアを上げる

このスコアは最大100点ですが、それは8時間30分の睡眠をとった場合の話です。そのため、できるだけ長く睡眠時間を取れるような生活リズムを治す必要性があります。これのおかげで、子供たちが早い時間に寝ることを心がけるようになり、結果的に生活リズムが正しい生活を送る心がけができるという、まさに一石二鳥のゲームです。

課金要素

本作は、基本無料プレイのゲームですが、課金要素ももちろん存在します。主な課金要素として挙げられるのが3つです。1つ目は、毎日のアイテムや豪華特典が貰えるようになるプレミアムパスを購入するための課金。この場合は、ポケモンスリープを毎日やりこんでいる人などがよく使っているものです。

2つ目は、ダイヤの購入。ダイヤはゲーム内でのアイテムを購入する際や、BOXなどの拡張に使われるものです。もちろんダイヤで購入できるアイテムの効果はすごいものも多く、経験値2倍などのものもあります。

3つ目は各BOXの拡張のためです。ポケモンBOXだけでなく、食料BOXなどもあるので、多くやりこんでいる人は必要となります

結論

ポケモンスリープを本格的に毎日やりこんでいるという人でなければ課金は必要ありません。無課金で気長にプレイしながら良い睡眠をとっていきましょう。

まとめ

今回はポケモンスリープについて紹介しましたが、どうでしたか。これを使うことで皆さんもどのように寝ているのかを知ることができ、改善することができるようになります。ぜひこの機会に、自分の睡眠について見直してみませんか。

投稿者 setadmin