2026年FIFAワールドカップで活躍が期待される日本、その才能ある選手たち

男子サッカー日本代表はカタール・ワールドカップで素晴らしい活躍を見せた。その結果、サムライブルーは2026年FIFAワールドカップでも好成績を収めることが期待されている。

バルセロナが久保に目をつけたのは、8歳のときにスペインのクラブが開催したサッカーキャンプに参加したときだった。その2年後、バルセロナのユースアカデミー、ラ・マシアに入学し、”日本のメッシ “というニックネームで呼ばれるようになった。

残念ながら、バルセロナはFIFAが定めるユース選手との契約に関する規定に違反したとして、2年間の移籍禁止処分を受け、久保は退団を余儀なくされた。

その後、久保はFC東京に入団し、18歳になるまでJリーグでプレーした。2019年にレアル・マドリードと6年契約を結んだが、すぐにマジョルカにレンタルされた。18歳でリーガ・エスパニョーラにデビューし、欧州4大リーグでプレーした最年少選手となった。

それ以来、久保はクラブを転々とし、2022年にレアル・ソシエダに落ち着いた。現在、彼はスペインリーグで最高のアタッカーの一人となり、マンチェスター・シティやレアル・マドリードから注目を集めている。

日本代表の素晴らしい選手は久保だけではない。日本代表にはブライトンのウイング、三苫薫やセルティックのフォワード、古橋亨梧もいる。

より良いチーム

ヨーロッパのリーグには50人以上の日本人選手がいる。これらの選手はトップリーグでのプレー経験がある。そのため、ヨーロッパの選手と戦うためのスキルを身につけることができる。これは日本にとって大きなアドバンテージとなっている。

また、日本にはスター選手がいるにもかかわらず、チームはもはやスター選手に依存していない。FIFAによれば、現在の日本代表は、どの選手が選ばれても安定した成績を残しているという。

本田圭佑や中田英寿のようなスター選手が代表チームを牽引していた数年前とは、現在のチーム状況は大きく異なっている。そのため、サムライブルーは毎試合同じような戦略をとる傾向があった。当時の日本代表が直面していたもうひとつの問題は、主力選手が出場できないときに苦労することだった。

しかし、今の日本代表にはどのポジションにも才能ある選手がたくさんいる。スター選手が欠場しても、チームのパフォーマンスが大きく変わることはない。

監督

熟練選手もさることながら、日本代表の森保一監督もカタール・ワールドカップでの成功に大きく貢献した。彼は大会終了後もチームに残る最初の監督であり、2026年までブルーサムライを率いることになる。

2026年FIFAワールドカップに向け、森保監督は26人のメンバーを選んだ。森保監督は、これらの選手のほとんどがワールドカップでプレーすることになると述べた。

「この2試合で怪我をする可能性もあるので、26人の選手がいればそれを克服できるはずです」と森保監督は語った。「選手たちのコンディションを見て、1試合目にはあるグループを、2試合目には別のグループを起用する可能性もある」と森保監督は語った。

2026年ワールドカップで、日本はミャンマー、シリア、北朝鮮とともにグループBに入った。ブルーサムライは現在勝ち点6を獲得しており、昨年のミャンマー戦とシリア戦に勝利したことでグループ首位に立っている。

日本代表は3月26日、ワールドカップ・アジア2次予選で北朝鮮と対戦するため平壌に向かう。NHKによれば、北朝鮮での試合は13年ぶりだという。

残念ながら、日本はアジアカップの準々決勝でイランに敗れた。森保監督は、敗因は自分の判断ミスだと主張した。

「ヘッドコーチとして、勝てないのはとても残念です。全員が期待通りの結果を出してくれました」と森保監督。「敗因のひとつは、後半の交代が、期待されていたにもかかわらず、あまりに遅く、効果的でなかったことだ。

森保監督は67分、久保と前田大然に代えて三苫薫と南野拓実を投入した。しかし、三苫は怪我から回復したばかりで、南野は効果的なプレーができなかった。

投稿者 setadmin