ラスベガスのおすすめカジノ5選!入場条件や服装マナーは?注意点も!

日本人にとっては馴染みのないカジノ。お隣韓国ではパラダイスシティ カジノなどの大型ホテル併設の複合施設内にあるカジノが話題を集めています。

実は、カジノには入場制限やドレスコードがあることをご存知ですか?今回は、本格ラスベガス カジノを経験してみたい!という人におすすめの、ラスベガス カジノをご紹介していきます。ラスベガスに行くなら要チェック!おすすめラスベガス カジノを見ていきましょう。

ラスベガス カジノのおすすめ5選!入場条件や服装マナーも

ラスベガス カジノは、アメリカ国民・外国人旅行者に関係なくすべての人が無料で入場できます。おすすめは以下の5ヶ所です。

ザ ベネチアン

  • パスポート必須
  • 入場資格:21歳以上
  • ドレスコード:スマートカジュアル

イタリア・ヴェネチアをテーマにしたエレガントな装飾が特徴のザ ベネチアンは、ゴンドラやショッピングも楽しめるエンターテインメント施設です。

ヨーロッパの宮殿を思わせる丸天井にフレスコ画は、クラシックな雰囲気を持ちながらもゴージャスでロマンチック。まさに非日常体験ができますよ。

テーブルゲームの種類も豊富で、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットマシン、スポーツブック…その数なんと225種類以上!

ウィン ラスベガス

  • パスポート必須
  • 入場資格:21歳以上
  • ドレスコード:スマートカジュアル

ホテル・ウィン ラスベガスの中に広大なカジノエリアを有する施設です。メインは宿泊者ですが、カジノの客層も悪くなく、安心して楽しむことができますよ。最低ベット額がやや高めなので、カジノ初心者にはおすすめされていません。

ゲームはプールサイドでも楽しむことができ、ポーカールームを満喫することもできます。

シーザーズ パレス

  • パスポート必須
  • 入場資格:なし(ゲームプレイは21歳以上)
  • ドレスコード:なし(スリッパやサンダル、短パンなどは避けた方がよい)

スポーツベッティングも楽しめるシーザーズ パレスで特に人気なのは競馬。ギャンブルだけでなくダンスフロアやステーキハウスも併設されているので、楽しみ方は無限大!

ザ コスモポリタン

  • パスポート必須
  • 入場資格:21歳以上
  • ドレスコード:スマートカジュアル(男性はジャケット、女性はワンピース)

客室総数は3,000を超えるというザ コスモポリタンは、カジノ以外にもスパやプールなども豊富で、リゾート感溢れるトップクラスのホテルです。

カジノフロアはモダンでスタイリッシュなデザインが特徴。ゲームで遊んでいる人には無料でドリンクが提供されたり、マッサージも無料で受けられるのだそう!

ベラージオ

  • パスポート必須
  • 入場資格:21歳以上
  • ドレスコード:なし(スリッパやサンダル、短パン、文字入りのTシャツは避けた方がよい)

世界中からポーカーファンが集まるベラージオは、ワールドポーカーツアーの開催会場にもなっています。ポーカーテーブル40台のほか、ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームを楽しむことができます。

ベラージオは、世界的な芸術作品が展示されていることも人気の理由で、シルクドソレイユのナイトショーも観覧することができますよ。

まとめ

ラスベガス カジノのおすすめ5施設をご紹介してきました。入場条件やドレスコードがあるので、準備万全にして訪れるようにしましょう。日本では経験できない本場のカジノを楽しむ際には、現地でのマナーや相場などもチェックしてから行ってみてくださいね。

投稿者 setadmin